数学・さかのぼってやり直すなら

中学生は正の数・負の数の計算から

高校生なら数Ⅰ・数Ⅱの一章から

それから単元は好みでいい

その時に心がけることは

理解はもちろんだが早い処理を練習することを目指す

数学が得意な子の顕著な特徴は処理が速い

一般に教科書・参考書に書かれている解答は説明だということを理解するべき

それをなぞっているだけではいけない

焦らずにここのマスターに力を注ぐことをお勧めする

字がきれいとかは小学生まで

きれいを求めるなら解法の方

ノートの使い方も

余白をケチって?みっちりと埋めることを求める人がいるが

記憶の媒体としての意味を考えれば

ナンセンスなこと

一面でまとめることを考える

二枚目をめくるのは非効率的

余白はもったいないのではない

さらには

2から3時間は集中して取り組む習慣は当然のこと

もちろんそれ以上でもいいのだが

今受験を目前にしている子は毎日それほど一教科にかける余裕はないだろう

これは夏休みということを多少考慮した意見だが

普段の生活でも実行できること

とりあえず

やりなおそうと思うなら

今からでは遅いとか考える前に

まず始めることかな

やらない言い訳を頭の中で構築する前に

 

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です