最近知った事

青森県の方言は大きく分けて3つあり

全国の方言の中で理解が一番難しいとされていること

東北地方は数学の成績が一番悪かったということ

驚くような

フーンというか

個人の話ではないから

どこか他人事のように感じる

けれど

そういった一見どうでもいいような話がコミュニケーションには必要だ

それすらも奪われる現状の方がとっても気になる

というのも・・・・・

まあ

おしゃべりというのは蔑まされることが多きが

なかなかどうして

人間形成に大きな影響を及ぼすということらしい

さて

いつでも過程であるということを思うが

今現在もそうなのだ

だから変わらぬ努力を続ける

いや

今現在はもう少し力が入る

さてそろそろ

現在、小学生、中一,二、高1、2年生も

準備をする時期です

春期勉強会も考えています

特に中学生はそろそろ年度末に向けて復習が大事な時期

高校生はここから入試対策への準備

常に時間は流れていきます

各コースとも募集しています

何かを求める人

待ってます

まずはご連絡いただければ

どのコースがいいのかをお話ししたいと思います

さて

寒波が居座るという予報

勉強にはほぼ関係ない

やろうという子はやる

やりたいという子はやる

それは変わらないことなんだよな・・・

まずは効率ということを少し考えて

勉強してください

普段から受験対策

これを意識するべきだ

それが何につながるかも考えず学ぶというのは

妄信的な学力の低い子に見られがちな行動

目的、それが漠然としたものであれ

考えずにやることに意味はもたらされない

断言するのはどうかと思われるかもしれないが

間違ってはいないはず

38点という平均点(今回の数ⅠA平均予想)

受験する四分位範囲を考えればそれほどおかしな話ではない

それだけで合否を決めるならと付け加える

難しかったということは過去例の数字から見れば確かで

ちょっと目算が違ったのでやり直し

なんてできることでもない

それに対処する学力とは・・・・・

いや

この場で熱くなるのはやめておこうか

甘言には気をつけてとアドバイス

世の中甘い話なんてない・・・それほど

途中下車はいつでもできる

したなら目的地が変わることも知ってほしい

などと考えたりする

さて

前を向く

前に進む

それが希望

忘却とは忘れ去ることなり

なんて言葉をどこかで聞いたことがある

確かに現在受験生ではない大人?にとって

かつてあれほど一生懸命覚えたことなどほとんど忘れている

趣味で受験問題を解き続けているという変人もいるようだが

そういった稀な例はおいといて

現在勉強に携わる人にとって

そんなことは言ってられない

忘れぬように同じことを何度も繰り返す

さも当然のように聞こえるこの作業

忘れやすい人が一日10個の単語を覚えようとする

次の日には半分忘れている場合

次の日の分と前日の忘れていた単語を覚えなおす

つまり二日目には15個の単語を覚える

その次の日には17.5個の単語を覚える

さらにその次の日には18.75個

と続けると1年後には・・・・

計算式が面倒だが一日に学ぶ量はとんでもないことになる

ちょっとした数列式を作れば可能だが

それはこの際大変だということがわければいい

つまりは現実的ではない方法だ

加えて5教科で学ぶ量と言ったら10個の単語量なんてものではない

ではどうするか

ここで顔を出すのが集中力ということになる

それが証拠に黒板を写し問題集の解答を見ながら写しても

時間の浪費でしかない

もしこれを見ているのが当事者なら我が身を振りければわかるし

保護者ならプリントの正解の数と成績を調べてみればすぐにわかる

勘違いしないでいただきたいが

書くことは最低必要なことで

集中して書くという作業の勧めだ

書きもしないで覚えることはそれなりに訓練した場合を除いてはあり得ない

そこでさらに必要なことは書く速度の必要性ということになる

話を聞く時間、書く時間なんて授業を中学生でもやっているようじゃ

身につくすべもない

ごく普通の一般論だが

耳障りが悪かったらすぐに変更することをお勧めする

さて

勉強だけはやればできると信じてるあなた

私もそれに賛成です

さらに言えばやらない・やれない言い訳ばかりするのって

「うっせぇわ」

てな感じ

やりたいならすぐやれよ

と言ってあげたい

小手先でどうにもならない

数学だけが特化されたということか

このままで続くなら

早い時期からきちんとした学習が必要

難化したと言っても

知れている程度ではあるが

中間以下層では辛いかも

一年次から対応しなければならない

さて

なんでもお祭りにするなと言いたい

ゴールでも何でもないのに

お祭りにすると

イベントのようになってしまう

勘違いの要因になっているのは確か

淡々と

粛々と

受験は進むのがいいと思う

少なくとも何かの始まりに過ぎないのだから

終わりの始まりでも

始まりの終わりでもない

始まりの始まり

そのことに気づいてほしいと願う

彼は目的を達成したのか

ショッキングな事件だ

社会に大きな動揺をもたらした

それが目的だったのか

同じ目的を持つ人に障害を与えた

それが目的か

彼の周りの大人たちは自らの無力さに打ちひしがれているだろう

それが彼の目的だったのか

報道で大きく扱われた

それが彼の目的だったのか

おそらくあと何年間かは彼は受験をする機会をなくした

それが彼の目的だったのか

単純な足し算も引き算もできないのだから

賢くはないということは言えるだろう

マイナスだらけの計算をなぜかプラスの値に勘違いした

だから教育は必要なのだとあらためて認識しなおす

 

コミュニケーションは大事だよ

元も子もないことを言えば

話したいことは直接話すことにしている

アドバイスもそう

そのほかいろいろな話もそう

大事な話は目を見て話す

もしかしてこれって古いのか

などと思うが

やめる気はない

やはりフェイス トウ フェイスを大事にしたい

もちろん話を聞ける相手の場合

に限る

ラスト

冬期勉強会最終日です

既に終わったコースもありましたが

欠席者もなく

皆が頑張ったと思っています

(送迎をしてくださった方々にはただただ感謝)

疲れるくらいに頑張った結果はこれからです

また新たなスタートです

頑張りましょう

さて

そんな最終日ですが

予報では大雪

んんんんんんん

こればっかりは文句のつけようがない

体のどこかが悲鳴を上げている方もいらっしゃると思います

これにしたって

あと二か月弱・・・・

とにかく抜け出すまでやるしかない

それも頑張りましょう

懐かしくて

いろんな夢を抱き始めるころ

第三週目になりました

大学受験の話ですが・・・・・・

やめておこう

なぜか?

・・・・それもやめておこう

さてさて

これから先

近い場合も

遠い場合も

それなりの努力をしているのだということを

私は認めたい

それがどの程度かということも

各々が決めることなのだということも

ただ情報だけはしっかりと

自ら入れることをお勧めする