NEXT STAGE

そろそろ始めようか

といった時期がやってきた

ひとつ山を越えたら次の山

いや、平たんな道を

いや、もう少し山の頂を楽しんでから

いや、もう少し下ってみようか

まあ、しばしの休息もあるかもしれない

f(x)=x+sinx

これが一番望ましい形だと考えている

f(x)=x3

がいいじゃないかと思う人もいるだろう

それならば

f(x)=ex

という形だっていいかもしれない

どれを選んでも増加関数

n→∞においてan    -1<a<1

はいただけない

意識を持ち思考することができる数少ない生命体であるホモサピエンス

として、与えられた能力は活用したい

時の流れという制御の利かないベルトに乗っているのだから

いやがうえにも進んでしまう

この乗り物から降りてみようかと考える人もいるだろう

いや、ギアチェンジして早く進もうとする人もいるはず

この時期になると毎年のように考えてしまう

努力したひと、運がよかった人

いろんなことが矢継早に起こる

その子達全員にいいたいことは

まだ、何も始まっていないし、終わってはいない

何かの節目ではあるかもしれないけれど

まだはたちそこそこぐらいの子供たちに人生が決まったなんてことを言うほど

愚か者ではないと思っている

したがって、子供たちにはいや、若い子と言い換えようか

「しったかするんじゃないよ」と声をかけてやりたい

もっとつらいし、もっと大変だし、もっと楽しいことが

これからたくさんあるのだと

だからこの表現

「さあ、はじめようか」

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。