ヘミングウェイ

の小説が子供のころから好きで、結構読み漁った

世に知れた多くの作品がある

「老人と海」というのも好きな作品で、なかでのやり取りが今でも時折思い出す

「海流のなかの島々」という、ほかの作品に比べたら少しマイナーなものがある

こういった作品の中でどれが一番かというのは難しい

というか一番はない

好きな作家とかはたくさんいて

また作品も随分とある

作家では誰が好きかと問われれば、とりあえずヘミングウェイをあげる

最初にページをめくったときにはじまるあのワクワクは比較がない

映画とも違う

冒頭で一気に入り込める作品・・・・・すごい

ほかには・・・・・・

書ききれるはずもない

どれだけ時間を費やしたか

少なくとも現時点でよかったと思っている

日本人の作品もある

ただ、あのワクワクを感じさせるものがあまりない

・・・・そこはいつも風が吹いていた・・・・・

これは某作品の冒頭

ハウツー本ではなく、自ら探し出して触れる楽しみ

簡単に手に入れれた方がいいものと

そうでないもの

その差異は大事にしたい

映画とか小説でゆっくり語りあってみたいなあ

 

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です