入試改革

例えば英語が試験からなくなる。これはすでに始めている学校があって、独自の資格試験のような形を設けているようだ。

やがては英語が試験として無くなるかもしれない。これはずいぶんと前から中教審あたりで話題になっていた。

英語が必要ないとはまったく思わない。ただ試験の必要があるのか?とは思う。

理科は・・・あった方がいいんじゃないかな。じゃないと科学もどきにだまされる人間が増えてしまう。

それに日本って確か技術大国だったはず。だったら・・・

同じ意味で数学も必要じゃないかな。

社会は・・・・近代史ぐらいはね。

国語は必要でしょう。ただ、設問の形はいろいろあると思うけど。

などと好きなことを言ったところで、改革を行うのは受験エリートだった人間たちの年老いた人たちだから・・・

受験なんてなければいい。

勉強したい人間はみな合格させればいい。

一発の試験で判断するな。

それぞれ意見はあると思う。でも、既存の制度はすぐに変わらない。

もし、変えたかったら、受験して決定できるようなエリート集団になってそんな会議に加わるしかない。

ぐるぐる回る矛盾はずっと変わらない。

だから、考えても無駄。

今、与えられた条件の中で頑張るしか術はない。

それは泣きごとでもあきらめでもない。前向きに向かおうじゃないですか。

おかしな推薦ではなくて、自分の力で頑張れた方がいいでしょう。

自分で考えて、自分で頑張れる。自由って素晴らしいと思おう。


 

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。