現実逃避

逃避という表現が少々いやだがそのまま使う

どうも、理解しがたい事にあまりにも増えると

何かに救いを求めたくなる

救いというか没頭したくなると言った方がいいか

没頭する物が何かということはあえて言わない

脳は眠っていても動き続けているらしい

したがって、思考を止めるということは無理なことのようだ

よって没頭という表現に入り込む

よく単純作業がそれに適しているという話も聞く

頭の動きを止めるのが無理なら、考え続ければいい

他のことを

集中するということは、その時間を楽しんでいるということに他ならない

たまには雑音に耳を閉じて没頭するのもいい

小刻みに区切られた時間は辟易する

シルバーウィーク(当塾には関係ないが)没頭してみてはいかがか

勉強からの逃避もあるかもしれないけど

勉強への逃避だってあるはず

 

 

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です