光あるうちに進め

やれる可能性がまだ残っているうちに

やれることをやっておくというのは

正論だと思う

やれるという気持ちというのはいつまでもあるかもしれないが

それが本当にできるかというと疑問

そういうことは

大人だけに限られた話ではない

もちろん子供たちの可能性は限りないという迷信から漏れることもいくつかある

ずっと遠回りして

というのも彼らには時間がたくさんあるからある話かもしれない

いろいろと悩んで迷走するのも

彼らの特権

そうじゃないんだと考えるなら

今できることを今するというのは大切で

思った時が吉日

行動するのがいい

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です