あるけどない・ないけどある

のが時間

話を広げてしまうと際限がないので

子供たちに限って話すと

追われるように学年の階段を上っていく

次の準備もこれまでのこともできていないのに

逆にあまりの牛歩よろしく時間を浪費する場合も

誰に合わせたのかわからぬスケジュールは

大きな不満と混乱をもたらす

不安も含まれるかもしれない

情報はいくらでも手に入る時代

それを入れることを拒むのは自由だが

それによる退歩は自己責任

さて

後期が始まる

二学期と呼ぶところもある

最も長く

それゆえ

大きな乖離が生まれ始める学期でもある

勉強会も終わり

時は九月を待つ

秋の気配がし始めた

ひと月前の暑気が戻るという予報もあるが

一日の中で一息つける今日この頃

暑さには耐性の違いはあるが

過ごしやすい時期にと突入であることに間違いはないだろう

そしていろんな秋がやってくる

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です