入学・進級おめでうと

勝ち取ったものもあれば

強制もある

いずれにしろ何かに駒を進めたと考えれば

たのしいことかと

このさなか

いろいろな変更を施そうと画策している教育現場

想定外であったのは周知の事実であるから

付け焼刃というわけでも

後手に回ったというわけでもない

必要に駆られてというこなんだろう

紙を使わない勉強というものに力を入れるというのもその一つ

算数・数学は難しいのだということ

フーン

小学生の高学年から教科別の教師をあてる

算数と理科

ホー

施行されるのはまだはっきりしないが

そんな話が出ている

いろんな努力をしているようだ

変化すると動揺が生まれる

その多くは知識不足

あるいは伝達のまずさ

その両方かもしれない

子供たちは変化を喜ぶ傾向にある

保守的な大人は右往左往する

変化を楽しむのはとてもいいことだと思う

いろいろな期待がそこには存在している

あとはそれにこたえられるかどうかがキー

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です