計り

これは各自が持っている基準が違う

一般には毎年のように赤道?だったかな

それを基準にして変化するもののようだが

日常生活においてはそれほど影響を与える誤差とは思えない

もちろんここで言っているのは

それとは違う計りのこと

それが共有される集団においては話は早いのだろうが

なかなかどうして

そういうことはなかなか存在しない

この計りが違う場合孤立することになるような気がする

つまりは逸脱

いい場合も悪い場合も逸脱した場合は苦労する(その期間だけ)

この逸脱に社会は寛容性をもたないことが非常に多い

実際最近はこれを正義と称して

騒ぎ立てたりすることが多々ある

また短い(小さい)計りしか持っていない場合

その逸脱に恐怖から攻撃をする場合が

これはあまたある

個人的にはこの計りは幾種類あってもいいと思うが

この不寛容というのには辟易する

同時に正義と称する発言者、権威者にも

多様性ということから考えれば人はもっと自由でいいだろうし

正義はヒーローだけでいい

計りの大きさなんていくらでも変えられる

それが成長するということだろうし

少なくとも子供たちの時代にすべてが決められるわけでもない

決めるのも自由だが

その多くの障害となる意見は大人であることが多いのも事実

逆もまた然り

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。