なごり雪

例年とは異なる冬を経験したこの数か月

なごり雪だけが季節をまもっている

想定外の重大課題が世の中を揺さぶり

後手に回った社会は

右往左往している

できることはやっているという言葉にも

やはり意識の違いがあるのだろうか

おそらく数週間のタイムラグがあったようだ

まるで試験前のような状態

どれだけ準備しても不安は募る

誰もが精いっぱいやったと豪語する

温度差はそれぞれ

なごり雪だけが春の訪れを知らせている

このあまりにも望ましくない状況が一時も早く終息するのを望まぬわけがない

決していつまでも続くまい現状

その後を想定して準備するのはポジティブすぎるか

いな

そう考えることが健全だと信じている

今、春が来て君は大人になった

"Trust me," he says.
"Impossible," he says.
Then ...

 

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です