解答を作る

特にこれは高校数学からは重要

何となく適当に計算して

何となく答えが出た

などという学習を中学時代にやっていると

そのギャップに取り残されていくのは当然

ゆえに

それ以前から意識して数学を解く練習はしたほうがいい

さて高校生にだが

黒板から写したノートをよく見て

もう一度それを解答にしてみる

黒板には解答には必要ない説明もたくさん書いている

それをまじめに毎回書いていたら

それは無駄

あるいは

新しい問題に対峙したとき

どうやって攻略するかを考えねばならない

それにも

いろんな解法が存在し

それを考えることが数学の学習にはとっても必要

何も考えずに同じ問題をひたすら解き続けるだけの学習は

それで対処できるような問題には

とっても有効な方法

けれど

勝負になる問題は

そうではないことが多い

それにパターンを学ぶにしても

初級?から上級?までたくさんある

必要なのはどの程度なのかということがある

二年生は(もちろん一年生でもはやくはない)

志望大学の問題をじっくりみてみることをお勧めする

これから

何となく春休みっぽいが

そんなことはない

一か月以上という時間

無為に過ごすことは推奨しない

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です