アマデウスが好き

どこがどうのと語ることはできないが

選べば彼の作品を聞いてしまう

いろんな作曲者を所有しているが

クラシックでは断トツで彼の作品

ど素人の表現で稚拙だが

心地よいというのが最大の理由

何時間もきき続けることができる

それが彼の天才と呼ばれる理由なのかもしれない

この天才というのは魅力を感じる

軽はずみにこの言葉を使う風潮があるが

その実

ほとんどいない

そもそも天才の定義があいまいだからかもしれない

たいてい天才というのは夭折だ

つまりは長々は凡才?

それは冗談だとして

凡というのは飽きる、つまらない、くだらない

そして世の中は凡で出来上がっている

天才たちが作り出したものを少しずつ削りながら

せめて少しでも近くで感じたいと思う

限られた時間

どうせなら選んで楽しみたい

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。