三月は変則的な時間です

ということで

気づけば5時間半ぶっ通しで顔を突き合わせた子たちがいた

本来学年で区切るということに疑問を持っているので

時間調整だけで考えたらこのようなことが起こった

三月は時間の隙間のように感じる人も多いようだが

そんなことは全くない

いろいろな面での補足などにはもってこいの時間

そもそもカリキュラムを進めない(学校では)

新学期が始まれば

またノルマの嵐がやってくる

そんな時期

社会が好きこれはわかる

理科が好きこれもわかる

国語が好きこれもわかる(自国語を好きも嫌いもないのだが)

数学が好きこれはよくわかる

「学」がつかないものを試験するのはやめてほしいな

資格ていどでいいんじゃない

自動車の免許程度の扱いで

おかしな負担を子供たちに押し付けるのはやめてほしい

制度だからしょうがないのだろうけど・・・・ね

愛国者だけど国粋主義者では決してないのですが

国語の練習というか習熟にもっと力を入れるべきではないのかな

それとも米国の星が一つ増える準備なの?

くっだ・・・・・

だけど、点数が取れないのはお話にならない

話は変わって

受験まであと10か月

一年と10か月

二年と10か月(新入生予備軍)

あと三年とかというのは幻想

 

 

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。