さて、目指しませんか

現状が本当か

そう思う子たちは

想像するより多いというのが実感

高みを目指しているのに

本当にそれでいいのか

そんな不安はだれしも持つ

間違いなく格差は広がっている

目指す子たちに

嘘はつかない

なぜ難関を目指す子が少ないのか

その疑問に対する答えはいくつもある

けれど大人だからここに書かない(きゃはは)

直接は話す(当たり前)

ことらからの要望を言えば

そういった場合には特に

時間をいただきたい

学校の成績がいいというのは

必然的にそうなるんだろうと思うことであって

必要十分は満たしていない

そこの部分が伝わりにくい

中学生ならまだしも・・・・・

できるだけ早く

高校生のコースを新設しようと思っている

あるいはエクストラコースの強化というのも念頭にある

フラットは目指していない

やる気のある子を押さえつけることもなければ

成績の振るわない子を見捨てることはしない

そういうことができるのか?

だから、声がつぶれる

やる気があれば成績が上がるか

それは正しい

目標を高くして

それが可能か

それは

わからないと言う

努力というものはそういうことだと思っている

やる気のある子募集しています

高見を目指しませんか

現状に不安と不満足を抱いているマイノリティの属する子

そういう子の味方です

保護やの皆様のご理解をいただき

こうして子供たちの夢実現のお手伝いをさせてもらっている

それゆえ、真剣になるのは当然

久々に書くことだが

恵まれない環境にある子に何かをしてあげたい

そんな思いは尽きない

ちょっとカッコつげすぎたか?

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です