なぜにそうするか

人生論なんかじゃない

受験数学の話

嫌なとこをつかれるのが

いわゆる難問ということになる(という場合がある)

これはこうする

それだけで答えが出るものもある

問題に対峙してみて

どこから核心に迫るか

そんな問題が合否を分けるような入試もある

久しぶりにここに書くが

武器になる数学を目指している(コースがある)

必然的に子供たちは微妙な表情になる

奇をてらった解法もある

けれど、それに気づかなくても解けるような解法もある

実践問題を練習するとき

自分がよく理解できていことに気づく

少し意地悪な問題で練習しないと

何となくわかったような気になる

この何となくという部分が

とても危険

夏期勉強会でもそんなコースがある

一つの解法しかない問題はは覚えれば済む

そうじゃない問題は

なぜその解法を選ぶのかまで

可能な限り考えてみることが数学を伸ばす

自らが動く(考える)

これはとっても大事なこと

それを意識して今回の目標とした

当たり前のことなのだが・・・・

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です