理解できないと意味がないと思ってしまう病

わからないなら、理解できないなら

そういう態度を示せばいい

大抵流行りというのはそれと相対的な位置に属するものであることが多い

そろそろ始まる冬季オリンピックの種目で日本で人気のフィギュアスケートなんかもそう

実際採点方法などはかなり難しいが

何となく綺麗ということで人気があるんだと思う(なぜ伊藤みどりは勝てなかったのか?)

個人的にはかなり前に見たディズニーのアイスショーのほうがすごいと思ったが

つまりわかりやすいことは皆もてはやす

あるいは大人になれば漫画本とかゲームを一刀両断に切り捨てることが多い

大人になってもそれに時間を費やすというのを肯定するわけではない

ただ、そのような場合はあわれとは思うが

話を戻して

子供たちにすればそれも何かしらの意味を成す

数代前の首相は漫画の博物館だったか、そういったものを設立しようとした

日本の世界に誇れるサブカルという意味だったのだと信じたい

まさか国際政治をゴルゴ13で学んでいるわけでもないだろから

現在のように多様化する社会において各自が何かに意味をもつことには否定も肯定もない

ただ、根幹となるものはもっと理解を示す努力はしなくていいのかと思う

あるいは持たせる努力を関係者がするべきなのではと

そういったものは数あるが

例えば教科書だけで読書を任せるのはいかがか

まるで「目黒の秋刀魚」のようなものに

なーんてこと

お前が言うなという突っ込みを覚悟で言うなら

勉強だけがすべてじゃない

もちろん専念することに異議を唱えるつもりは毛頭ない

読む、書く、考えるということの重要性をもっと理解させるべきだと

意味がないということもは確かに存在する(狭い範囲で考えても)

けれど、大事なことでも意味がないという発想はかなり危険だ

それは他人(あるいは他国)への排除にもつながる

大事なことさえしっかりしていれば

ほかの細かいことなんかどうでもいい(かなり乱暴だが)

いや、あまり気にしなくてもいい(この程度で)

改めて思う

教育というのはとっても大事だ(問題は中身

当時、彼らを肯定した大人はかなりの容認力があったんだろう

現在では似たようなバンドが市民権を得ているが

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です