数はあまたあれど、認められるのはごくわずか

少し乱暴に始める

「高校は過程でしかない」

現況ではほとんどの子がその次に進学する

それがあたかも普通のことのように

その多くが望む企業サイドで大学と認知されているのは

あの分厚い某雑誌に連ねられた中でもほんの僅か

いくら就職予備校と化した大学と言えども

その段階で評価は決まっている

学問の追及をする人間はごくごくわずかだし

専門学校なら医学とかエンジニアとか芸術系は

専門で学ぶ必要もあるわけだが

それ以外では全く学んだことなんて必要がなかったかのような職に就くことは稀有な例ではない

世間が広くなるから進学するというのはもっともな意見だと思うが・・・・

あるいは選択肢がふえるとか・・・・

専門知識の前に学校が優先されるという例もまた少なくない

多数派のために施される指導がそれをゆがめる

それをごまかすかのように

走れ、飛べ、投げろ、蹴ろ、とかに目を向けさせる

一列に横並びしろとか

社会は縦に並べさすのが好きななのに

小さな商店で菓子を選べとかと変わらぬ選択肢のここ

定員の倍もが学問を必要としている人間がいるなら(あるいはもっと多く)

それなりのインフラ整備をすればと思うのだが

それもしない

ならば、いっそのこと100人ほどに減らして

ふるいにかけるのも一つの手だと思う

300ほども集めてほったらかしなのもかわらない(何の結果も出していないのだから、そうなのだろう)

箱ならいくつもあるだろうし

学ぶ方が校舎の古さを気にしているとは思えない

子供たちの能力は問題ないのだろから

ほかに問題があると考えるのはまんざらではないはず

センター試験はいかがだったか

ムーミン事件なんて大勢に影響しない

マスコミが楽しんでいるだけ

いわゆる、木を見て森を見ずという得意手

何かを目指す子供たちは寝食も忘れて長い年月努力を重ねる

なんで、勉強だけがいろんなものの一つとしてどうにかなると考えるのか

当塾では専念できる環境を作り出していると自負している

多少の無理は当たり前

そんな時間、コースを用意しています

普通のコースも用意しています

子供たちの可能性は限りない

けれど万能ではない

 

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です