称賛はあるけど感動が乏しい

まず最初に言わせてもらえば学問で一番とか二番とか順番はおかしい

同様に芸術にも

芸術の場合は感動を与えるか

abc予想が証明されたらしい

検証に数年もかかったこともすごいなあと感じるし

あのペレルマンがポアンカレ予想を解決した時も同じような感じだった

そんなものが役に立つのか

などという愚かな意見はわきに置いておいても

やはり社会に感動は与えない

意味が理解されないのに称賛はされる

かのアインシュタインもそうだった

せめて高校あたりでも数学の時間を割いて問題の説明ぐらいしてほしいようなきもするが

お忙しいから無理なのだろうか

受験には関係ないから

子供たちが興味を持たないから

なんていうのはなし

そもそも受験に関係ないような問題をひたすら練習させているし

興味を持たせるのも大事なことだと思う

めったにこんな機会はない

是非とも啓蒙してほしいと願う

同じく文学なども

もう少し興味を持たせる啓蒙活動をしてもいいと思う

外国語は大事なこと

文学とか自然科学は必要なこと

社会はなんかなんだろうな(近代史は必要だと思うけど)

いろんな改革をなされている指導要綱

子供たちにはどう変化しようが知ったことじゃない

それをなぞるだけ

といっては元も子もないか

もちろん子供たちにとってもっとも必要な教育は倫理観だとは思う

かといって

それも、これも、あれも

望むのは酷な気もする

だから自らが動かなければ進歩はないんだろうな・・・・

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。