ちょっと懐かしい話を聞いたので

ある幼稚園の話

幼児教育というのが何なのかという答えがそこにある

英会話とか数遊びとか

そんな的外れな教育と勉強の区別がつかないような指導をする

幼稚園ではない

それは今でも変わっていなかったようだ

二年から三年保育をしているそこでは

近隣の小学校でも評価されるほどなのだと聞いたことがある

もちろんいい意味で

時代が変わればいろいろなことも同時に変化するのは必然かもしれない

けれど、変わらないものがる

それが何たるかを実践している幼稚園だ

その頃に作られる心は大きくそれ以降に影響を与える

これを軽んじてはいけない

頭で覚えるものと

全身で覚えることの違いは大きい

幼児保育に関する話題は数あれど

誰が面倒を見るかという話に方向性が向いているように感じる

いろんな理由があるだろうから

すべてが可能なわけではない

(ちなみに規模はそれほど大きくない)

許されるなら、少し無理をしても

そういった場所でその頃を過ごせばいいと考える

今でもリスペクトしている場所(空間)だ

どうもこの秋休みのような期間にいろいろと過去に触れる機会があった

意をせずに偶然だったが

それはそれでふと時間旅行ができたかも

それに加えて雑事もあり

冬期勉強会の準備もあり

気づけば忙しい日々に突入している

幸いつらいことが含まれていないので

これもいい休みなのかもしれない

できたら、アウトドアを楽しみたかったが

優先順位では下位にあるので・・・・

また天気が冬型に戻りそう

みんなで自愛しましょう

これもある思い出の曲

毎日聴いていたころもあった

 

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です