昔の話だが

通っていた高校は460人で10クラス(多分あっているはず)

中学校は160~170人で4クラスだった(途中でいろんな場所に移った人もいたので)

現在はそれよりも一クラスの人数を少なくして

きめ細やかな指導をしているのだそうだ

通っていないし、授業参観もいかなかったし

行ったところでその日だけの見せる授業では実態はわからない・・・・多分

今、社会をにぎわすお祭り騒ぎでも

私立高校無償化なんて公約?

を掲げたりしている

やればできるなら

反対する人なんて少ないことなのだろうから

選挙を待つこともなく実行してくれればいいのに

なんて思うのは

穿った考え方なのだろうか

ここでほかの政治問題?

を語るのはあまりにも場違いなので

子供たちの大半が多くの時間を過ごす

現場での話題だけにとどめておく

そういった意味で

もっとたくさんの問題は存在しているような気配がある

ひと昔を十年というなら

それ以上の期間6,3,3、(4)

をもっと重要な問題としてとらえてほしい

そのことを語る政治関係者(政治家も政治屋)の話を聞いたことはない

子供が国の宝だというなら

もっと磨くことにも力を注いでほしいなあ・・・・

なんてこと

そのためには・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・自粛

それにも政治主導でどうにかなると思うんだけど

いい仕事に就きたいなんてことを子供たちは平気で口にする時代

安定して給料が高くて・・・・・なんていうところだと思う

そのために努力していくつものふるいにかけられる

そうすれば優秀?という社員等を得られる(企業側からみて)

そういうこと(ものすごく遠巻きに表現すれば)

まあ、なんというか・・・・・

「昔はよかった」ではなく「未来は楽しい」

というような世の中になってほしい

追記

現在もいいなあという世の中も

 

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です