考えることの大切さ

数学までも暗記しようとする子がいる

そんな勉強方法を称賛する方も一部でいるようなのだが

・・・・いいとは思わない

やはり暗記しようとする数学には上限があると思う

同じような問題を何度も何度もプリントや問題集で繰り替えす

苦手な子ほど選びたがる

もちろん数学だって一度で理解できない問題はあるから

そういった部分も必要だとは思うが

二回もやれば十分だろう

それ以上やってもわからないのは

そもそも理解していないから

勉強方法に間違いがあるとすればその部分

ノートが黒くなっても

ただうつしてばかりいたら、わからないのは当たり前

というのは言い過ぎだとは思えない

時間をかけて理解する

それにはもちろん集中力が必要

けっして、能力とは言わない

数学って時間がかかる教科だというのは既知

同じ割合で時間を割り振りしたら

数学の力は他の教科に劣るのも事実

得意教科にしたい人は

そのことを考えてほしい

武器になる数学

それを目標とする子供たちが

たくさんいる

もちろんそうじゃない場合だってあるだろう

だからみんな違う

そのためにエクストラコースというのをあえて設けた

大学受験だって同じ

そろそろ夏休み

いろんな宿題が配布される

さあ、それは誰向けか

万人向けというのは・・・・・・ね

だからどうすればいいか

考えてみたりしません?

やらなきゃいけにことは

やるのが当然

だらだらやれば、もっと嫌になる

なんでやらなきゃいけないのか

考えても答えが出ないこともある(あるいはそもそもない場合も)

無理が通れば道理が引っ込むのたとえあり

 

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です