もうかなり前のことだが

この映画を見た

ストーリーも曲も

どこか切なさを覚えさせる作品だった

キューバの音楽映画

ほぼ、ドキュメンタリー

出演者はどれもかっこよく、粋だった

過去?に大きな変革がありその犠牲になった音楽家たち

長い時間をかけて彼らは世界に復帰しつつある

思えばあのキューバ危機もここ

そう、ケネディーの頃の話

不安定な状態がすぐ近くにある昨今

あらためて平和というものを考える

実生活からは程遠いようにも見える近くの現実

子供たちに触れる仕事をしているものとして

彼らの戦う舞台はそんな下品で野蛮なものではないことを願う

長い歴史を経てきた人類の強さとは

決してこぶしや腕力

ましてや、武力ではないことを求めてきたはず

それを考えると複雑な思いが頭をよぎる

きれいごとでは済まされないと

大きな声を上げるのは簡単だが・・・・

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です