修正能力

これはかなり必要なもののひとつ

個人的なことではあるが

PCなどはそういった能力があるおかげで助かることがずいぶんとある

自らの間違いに途中で気づき修正する子もいる

終わってから気づく子もいる

かたくなに自らの解法を貫こうとする子がいる

そういったことも含めてホワイトボードに解答を書いてもらう

できるだけ複数に

この場合同じ問題を複数人に解いてもらうとさらにいいのだが

なかなかそういった時間は取れない

高校生はほぼやれている

間違ったら直せばいい

間違わないならそれはそれでいい

というのも、間違うことでわかることって意外に多いから

掘り下げていくこともこの場合可能だ

ホワイトボードを増やしてよかったと実感している

高校生の場合などは30分なんて余裕で立ち尽くす

中学生はそこまではかからない

数字で表すには無理があるのを承知で記せば

30までいったら40の問題に変える

40までいったら50

50まで・・・・・

それもすべて解答を見ているから理解度がわかる

F  TO F

とこれは辞めるつもりはない

一方的に解説するのは時には必要だが

やはり、解法を見なければわからない

そのあたりにかなり重要性を置いている

間違いが恥ずかしいのではない

間違い方がおかしいかどうか

いずれにしろ、早めに修正したほうがいい

まあ、なんというか

分かれ道なんていくらもあるわけで

どれを選択しても自己責任

 

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です