日進月歩

これに耐えられなくなる場合だってあるかもしれない

ただ、昨日と同じ今日はないという言葉同様

時間の流れは人を急かす

あるいは時間の流れを飛び越えて進む人もいる

程度の差はあれど

子供たちはこの流れに乗っている

それを見ていると

こっちは何をしてあげられるか

と考えずにはいられない

そうして、一年の節目を迎えようとしている

昨年の今頃から見て

いや、そんな昔の話は子供たちには通用しない

半年前

いや、まだ長い

一ヶ月前から見ても

子供たちは成長著しい

当たり前だろうと考える人もいるかもしれない

私は子供たちの成長の一端を見ている

もちろん、身長が伸びたりという成長も目にするが

ホワイトボードに書かれる解答を見ているだけで

どんな成長をしたのかをまざまざと見せ付けられる

この問題が解けるようになったとかいう単純なことではない

それを見た瞬間笑みがこぼれるのを押さえつけられない

指導したことのないような解答を自ら導き出している

相乗効果

こんなとき思う

1+1=2だけではなく3も4もあるのだと

どういう聞き方をしているのかは個人差がある

だから、どんなときでも手は抜かない

少なくとも解答を作るときには

彼らの成長はおそろしいほど

KEEP

 

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です