途中経過ですべてを判断することはできない

目安にはなるけど・・・・

当塾では学年というものをあまり意識しない

実力に合わせて選択できるシステムを導入している

あまりいい表現ではないかもしれないことを承知で言うと

子供たちには「ふけさめ」がある

一歩一歩前進、あるいは階段を上るように伸びてくれればいいと思うのは

わかりやすいがそんなことはほとんどない

Y=X+sinX

これが望ましいかたち

中学生、小学生でこの関数の形が分からなかったら

最寄りの高校生に聞いてみて

それにもっと大まかに言うと勉強はだいたい

Y=eX

のような伸び方をするのが最も多かった(経験より)

待つというのは周りにとって苦痛かもしれないが

いつか伸びるかも知れないと頑張っている子供たちの方がもっとつらい

そのことを心の中で思いながら

叱咤激励している

いつかその時がやってくる

そしてできるなら、楽しく

それもモットー

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です