その道は夢へ続いているか

これを塾内に張っている

当たり前のことを言っているつもりだが

意外に理解されないことが多い

でも、目指す方向があるなら

その方向に向かって進むことが当たり前のような気がするのだが

必要最低限とまでは言わないが

何をどうすればいいのかというのは個々で「微妙」に異なる

かといって、求めるものが似ているあるいは同じだったら

最終形は大差はない

ひたすら漢字の練習をし、単語練習をし、計算だけを練習する

それが目標にとって十分なものならそれでいい

けれどもそうでないなら、そうでない練習をしなければならない

皆が同じというのは・・・・どうなんだろう

だって、目標は違うわけでしょう・・・・

まずは目指す先を見定めなければ始まらない

「さあ進め」「さあやり直せ」「さあ目指せ」順不同

春の勉強会のモットー

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です