長くやっているということ

これは、いろんな受け取り方がある

当塾は随分と長い間、学習塾というものを貫いてやっている

当塾の方針は35から80まで

この数字がなんであるかは、すぐに理解してもらえると思う

やがては、皆が同じ問題にチャレンジしなければならない(高校受験の場合)

ならば、どこかの段階で同じ練習をすることになる

それを目指さなければ、意味がない

その子にとって云々などというのは詭弁だ

いやな話かもしれないが、受験をするということを考えれば

どこかで競うということも大事になる

数値ではわからない弱点、あるいは勘違い(本人が思っているよりも理解しているということもよくある)

いずれAIの進歩によって異なる手段となるかもしれないが

まずは、顔を突き合わせてやるというのが基本だと思っている

同時に、過程の重要性というものは痛感している

長くやっていると感じることのほんのわずかな思いを

述べてみた

この方たちには負けるが

希望、夢多き子供たちに微力ながら協力したいと思ている

 

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です