一生懸命な子たち

どうにか、頑張ってついてきている子がいる

一生懸命頭を動かそうとしている

答えを暗記しようとしている子がいる

まるで他の教科と同じかのように

定期テストの結果でとれた気になる子がいる

そのテストをどうにかするのに必死な子がいる

定期テストなんて赤子の手をひねるかのような子がいる

自分の目的とするレベルがわからないで甘えている子がいる

見ることを恐れてうそぶく子がいる

自分の目的とするレベルが分かって怯えながらも頑張る子がいる

どうにか理由をつけて逃げ回る子がいる

そして、それを正当化しようとしている

腹をくくって真っ向勝負な子がいる

なんだか、わけのわからない状態で蠢いている子がいる

自分が正しいと思うことしか言えない

当たり前のこと

その場その場で話すことを変えることができるなら・・・にでもなればいい

そんなことは苦手だ。いや、したくない

だから、目標を最初に訊ねる

あとから、無理だよなんて言いたくないから

だから、きびしくもならざろう得ない

その子が目標に到達しているなら

何も言わない

それをずっと続けている

当たり前の話だと思うんだけど

そうでもないのかと考える今日この頃

https://www.youtube.com/watch?v=kSVqPBLgs7g

甘い言葉がより残酷な場合がある

 

 

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です