可能なら

自分が望めば、どんなものでも触れることができる環境

どんな名作も読む事ができるし、観ることもできるし、聴くこともできる

そんななかで、何を選ぶかは自分の趣味で、自分のレベル

なかなか、趣味が合う人に会うことは少ない

趣味を理解してもらえる人も少ない

少ないというのはいるということだから

まんざら捨てたもんじゃないと思っている

それほどの努力も必要なく、触れることができるのに

そんなものを選ぶんだ・・・・

というのが趣味の違い

これは好みの話

「失われた時を求めて」とか「ユリシーズ」などはいつかと思いながら

読破していない

けれど勉強はそんなものじゃない

と思うんだけど・・・・

敷居の高さを感じる人は多いようだけが

まあ、その話は別として

いろんな場所で文化に触れることができるのは幸せなことで

その最たるものが学校だったりするわけで

そこでアカデミックなことに触れない手はない

というか、触れさせなければならないのではないかな

まあ、勉強だけしてもだめだ的な話はしてほしくないと思う

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。