講習

5年ぶりに講習なるものを受けてきた

別に好んでと言うわけではない、義務だからだ

不思議な空間だった

聞く気のない講習生と話す気のない教官

途中の突っ込みどころ満載なのは省くとして

最後に

「お疲れさまでした。拙い話を聞いてくださりありがとう」って

それって、日本人の美徳なのか

本当に拙いことを認めていることからの反省なのか

おかしいよね

せめて、教官として講習会をしているなら

プロとして徹してほしい

ホントにつまらない中身のない講習会だった

何の講習会なのかは秘密

教訓

「人のふり見てわがふり直せ」

嫌なことがあった時、一番手軽なのは自分の好きな音楽を聴くことかもしれない

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です