目標ってある?

これは個人差があるらしいのだが

理系、文系の頭脳は小学生の高学年当たりで決定されるのだそうだ

とすれば、それ以前が影響するということになる

理系だ、文系だとはいっても、どれだけ差があるものなのかは定かではない

世の中には数学ができない理系だっているし

国語が理解できない文系もいる

英語は・・・・こうもり

現代国語は理系の方が点数を取るという話がある

自分の進みたい道と方向性が一致していればいいにだろうが

なかなかそうもいかないようだ

それは、情報を入れ始める頃には決定されているからということかもしれない

合格点に到達すれば、何の教科で点数を稼ごうが入学させてくれるのだから

それぞれの思惑によるだろう

そこまで、考えていればいい方なのかもしれない

当塾では数学の点数を稼ぐための指導をしているわけで・・・

この数学と言うやつは厄介で、中学のことも理解していないひとが高校数学をクリアしようとするのはかなりの困難がある

他の教科も同じだと言う人がいるかもしれないが

それも、これも到達したい位置に関係するわけで一概には言いきれない

と言い放つのは無責任か

ただ、目標を最初に訊くようにしている

そうじゃなければ、どこまで必要かわからない

多少無理にでも、そこまで押し上げる

他の教科は自分で頑張ってもらうしかない

耳に痛い話はする

理想だけで高をくくっている人には、特に

ニコニコして、いざとなったら「無理」

なんていうことは言いたくないから

試験の前日まで、近づけるように応援しています

分かってもらいにくいことが多いですけど

たぶん、目標っていうのは到達したいという気持ちがあるのだと理解している

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です