さくら咲いたが

季節の移り変わりを単純に楽しもうかと

無理やり思ってみる

思えるときは自然に思えるから、その時は純粋に楽しめばいい

人なんて自然の一部なのだから、純粋に楽しめるはずなのだろうが

すでに自然から見捨てられたのか、感じられないことも多々ある

だから、無理やり春を楽しもうとしてみようか

そうすれば、夏が来ることを楽しめるだろう

そして秋も、冬も

四つの季節に節目を決めつけられているのも悪くないかも

なんて思うのは風流かもしれないけど

そんなことより、節目は自分で作ろうか

膨らむ春

たぎる夏

憂う秋

貯める冬

そう、自分でね

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です