忘却とは忘れ去ることなり

なんて言葉をどこかで聞いたことがある

確かに現在受験生ではない大人?にとって

かつてあれほど一生懸命覚えたことなどほとんど忘れている

趣味で受験問題を解き続けているという変人もいるようだが

そういった稀な例はおいといて

現在勉強に携わる人にとって

そんなことは言ってられない

忘れぬように同じことを何度も繰り返す

さも当然のように聞こえるこの作業

忘れやすい人が一日10個の単語を覚えようとする

次の日には半分忘れている場合

次の日の分と前日の忘れていた単語を覚えなおす

つまり二日目には15個の単語を覚える

その次の日には17.5個の単語を覚える

さらにその次の日には18.75個

と続けると1年後には・・・・

計算式が面倒だが一日に学ぶ量はとんでもないことになる

ちょっとした数列式を作れば可能だが

それはこの際大変だということがわければいい

つまりは現実的ではない方法だ

加えて5教科で学ぶ量と言ったら10個の単語量なんてものではない

ではどうするか

ここで顔を出すのが集中力ということになる

それが証拠に黒板を写し問題集の解答を見ながら写しても

時間の浪費でしかない

もしこれを見ているのが当事者なら我が身を振りければわかるし

保護者ならプリントの正解の数と成績を調べてみればすぐにわかる

勘違いしないでいただきたいが

書くことは最低必要なことで

集中して書くという作業の勧めだ

書きもしないで覚えることはそれなりに訓練した場合を除いてはあり得ない

そこでさらに必要なことは書く速度の必要性ということになる

話を聞く時間、書く時間なんて授業を中学生でもやっているようじゃ

身につくすべもない

ごく普通の一般論だが

耳障りが悪かったらすぐに変更することをお勧めする

さて

勉強だけはやればできると信じてるあなた

私もそれに賛成です

さらに言えばやらない・やれない言い訳ばかりするのって

「うっせぇわ」

てな感じ

やりたいならすぐやれよ

と言ってあげたい

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です