秋深し隣は何をする人ぞ

なんてことには全く興味はわかない

かといって

自分の世界に閉じこもっていられるほど平和な世界ではない

どうも他人がどうするかということに興味がある風潮は

最近になって益々という感がある

質の悪いことに意見を好き勝手に言えるという武器を持って

清廉潔白だと勘違いして噂を拡大させる

しかしながら

人の社会はおしゃべりがとても必要なのだということだから

噂話というのもまんざら無駄なことではないだろう

よく女性はそんなことが好きだと誤解されるが

決してそんなことはないようで

男性もたいていはそんな話でぐだをまくことはとても多い

のだそうだ

そもそも今の時代その分け方すら無意味なようだが・・・

社会の潤滑油になるなら悪くないのだろう

そうすることで

社会は適度にかき回される

真偽の定かではないことも同時に混ぜられる

それは一方向へと進む恐怖を抑制することにもなるだろう

したがってとても有益な行動なのかもしれない

これは病に伏せた芭蕉が詠んだ句だそうだが

秀逸なものはいつ前も色あせない

さて

テスト期間

定期的にテスト対策なる学習をするというのは

長期的に観てそれほど悪いことではない

短期間に詰めるという作業は必要なこと

そんなことを年中するというのは拷問だが

興味があろうがなかろうが

頭に詰め込む作業はそうして形作られる

少なくとも大学受験まではそんな能力が必要で

それ以降も時は必要なこともある

この短時間でというのがとても重要で

毎日そんなことばかりやっているというのは

碌なもんじゃない

ということを気づいてほしい

普段から(受験期を除いて)

やるべき勉強はするのは当然なこと

ということは付け加える

子供のころむさぼるように漫画本を見て

時間を忘れてゲームをして

などという子供時代を過ごしてきた現在の大人たちが

やがて興味を失ってもっと違うことに興味を持つようになるというのは自然なこと

おそらくそれはすべて成長の過程で今となっては何かしらの肥やしになっているはず

それをすべて否定するのは現代を過ごす子供たちにとって

いいこととは言い切れない

むしろそれから卒業できない大人だとしたら

そのことの方が問題なのではないかな

いや

問題ではなく

そんな時代なのか

 

 

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です