どうしてもやりたくない

こんな例も少なくない

まだいろんな習慣がついていない場合は早めに気をつけた方がいい

それは勉強の習慣を強いるというのではなく

勉強の必要性を感じさせる方法を見つけること

毎日苦行のように同じことを強いていては

嫌いにならなければそれはラッキーだ

それではいろんな習慣を身に着けてしまっている場合は

これはかなり厄介

それまでの何かを否定しなければならなくなるから

必要性を感じるというのは学びの場合はかなり大きな影響をもたらす

興味と言い換えることができるかもしれないが

興味がなくとも勉強ができる子はたくさんいるわけで

やはり必要性を学ばせるのが正解なような気がしている

後は必要性の度合いかな

これはかなり多様な選択がある

偏差値が30も70も同じことを学ぶのには疑問を感じる

中学生はそうでもないが(共通のテストを受けるから)

高校はそうはいかない

目的のはっきりしない自己満足な学びはおかしい

ゆえに高校はコースを増やさざろう得ない

それにも限界はある

しかれども

可能な限りコースを設けようとしている

それは新年度も変わらない

その多様性に対処するためにエクストラコースを設けている

早めに対処したい場合はぜひ一考ください

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です