最短を目指す

これは本来勉強には関係ないこと

ただ受験となれば話は異なる

もちろんその道を選択するには困難もある

数学の解法の話です

泥臭い解法でも時間内ならば問題はない

長くて3時間の中で

それまでの学習結果を吐き出す

10秒足らずでそれまでの成果を発揮するアスリートと変わらない

その昔中国の試験では一週間の間閉じ込められて試験をするという方法もあったようだ

それがどうかと考えれば

全く理解できなくもないと考えたくなる

ただ制度というのは日々変化する

進化すると言いたいところだが

それは控える

ただ制度には沿わなければならない

よって話を単純に言い表せば

速く解かなければ

速く処理しなければ

それは試験勉強ではない

もっと極端に言えば

勉強と試験勉強は異なる

ということになるかもしれない

今頑張っているのは試験勉強か

それとも勉強

試験勉強はHDとCPUが必要だということなんだろうな

とあらためて納得したりする

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です