答えを作るのは

それほどではない

問題はそれをどうやって説明するか

まあ当然のことなんですけど

その問題を解くまでに必要なことを

それまでにどう学習してもらうか

別に泣き言を言っているわけではなく

そのために時間が必要だということを

子供たちにはわかってもらいたい

なんてことをは

馬耳東風かも

さて

そろそろ雪の便りも

11月は楽しくやろうかと

ちなみにですが

小学生はとっても頑張っているんです

新しいことへの期待感が伝わっていることが

最近のいいことかな

やはりこのころからが必要なのかも

なんて考えます

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です