いろいろな意味で

久しぶりに書くのですが

「目指してみませんか」

気をつけなければならない要因が

何か足止めをしているかのような気もする

当然だろうと言われそうだが

方向性や方法を変えてもやってくる未来に対処しなければならない

人一倍の努力をしなければというのは変わっていない

シビアな時を予想するのに何の疑問もない

何かに疑問を持ち

何かに大きな期待を抱き

行動をする

これって子供たちが持っている特権

決してそれだけではないが

子供たちは皆持っているということに疑いはない

今やらなくて時だけを過ごすのは

得策ではない

少し遠くに向かって始めませんか

まだ

ただの通過点であると

早く気付いてほしいなあ

決して全員ではないけれど

しなければならない人はしなければならないのは当然の義務

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です