夏の香り

春を感じる間もなくそんな香りが漂い始めた

時間は向こうから近づいてくる

そんなことを感じずにはいられない

じっとしていても

時間は止まらないのだと

まだ詳細は発表はされていないが

現行のまま行われるタイムスケジュール

パラダイムシフトになるのかならないのか

それは未来が決めること

街の様子は一見何も変わっていないかのように動き始め

子供たちは鍛錬をしに通い始めた

けれど中身は全く違う

全く違う流れに進んでいる

同じことをして元に戻そうとするのは間違いなような気がする

システムを変えれば話は分かりやすい気がする

そうして歴史が作られてきた

いくつもの変化を経験して今がある

過去から学び

今を生き

未来に望みを

一人語りをしようかと考えている

話し言葉には読み言葉とは違うものがあると感じているので

たとえれば落語を読んでも面白さは伝わらない

いわゆる「間」かな

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です