習慣になればこっちの物

勉強なんてそんなこと

ただその習慣の方法を間違えると

長い時間をかけて無駄な時間を費やすだけになってしまう

そこのところが難しい

この習慣というのは

いわゆる慣れ

今日は何にも勉強してない

落ち着かなくなれば

それは慣れになっている

休みは休みたいというのは

普段の生活とは違うから

当然と言えば当然のこと

普段も休んでいるのに

休みという言葉に酔って解放されたような錯覚に陥るのは大間違い

かと言って

それも普通の光景

決して罰せられるような話でもない

大きな枠の中で生きているのだから

それは自由だ

と言ってしまえば

それも疑問

そこで重視されるのは

意志

そして目標

先日、親が勉強の世話をし続けることの虚しさを述べたが

この辺がかなり重要になってくる

・・・・・・・

勉強してほしいという願いは

恣意的な態度に出るが

その目標値を定めねば

単なる儀礼事項にもなりかねない

あるいはしごき?

読書がいい例なのだが

いつまでも絵本を読んでいてもおかしい

ということを感じるようになるような指導をしていくのが

本来の教育なのではと思う

まずは時間を

そして自主的という言葉を

言葉遊びではなく求める

かな?

 

 

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です