関心

やる気があるとかないとかという判断もあるのだが

関心があるとか

関心がないという

判断がある

とりあえずというか当然ながら

勉強に関しての話にするが

関心があることというのは

わかろうと努力する

関心がない子というのは

どうでもいいと考えるようだ

関心がない子というのは勉強したくないというのとは違う

どうでもいいのだ

やらないことを気にも留めないし

やらないから

わからないからといって

悩みもしないし

悪びれもしない

できようが

できまいが

どうでもいいのだ

これが悪いことだと言っているのではない

勉強以外の何かに興味が持てればいいわけで

それが本人の将来に向けた何かであればさらにいいだろう

勉強したくないと思うのはまだいい

この関心がない子は

勉強したくない子に比べて

勉強はする

ただし

勉強したくない子というのは何かのきっかっけで勉強し始めることもある

関心のない子は

勉強して何かを得ることはない

ただ手を動かし

時間が過ぎるのを待ち

頭には何も残すことはない

そして

勉強に価値を持っていないので

どうでもいいのだ

ほかのこともそうだろうが

この関心がないというのは

最も問題になる感情だと

気づいてほしい

そんなこの場合どうすれば?

方法も手段もある

時間はかなり必要だが

もう一度

勉強が嫌だったり

勉強から逃げたり

そんな場合のほうがまだまだ症状は軽い

無関心の問題は根深い

 

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です