新年度を迎えるにあたって感謝の意を

突然始まった休みが一時的か?どうかはわからぬが終わるようだ

通常に戻るということはいいことだ

こんなとき普通ということのありがたさを感じる

てきとうに(数学用語ではなく)配布された宿題も

暇を持て余すことなく

十分に苦しんでいるようで

結果オーライという感じもする

3月という時期は

まるで合唱部のように歌の練習を強いられ

後片付けやら

大掃除やら

あまり勉強に積極的な時期ではなくなるというイメージがある

ゆえに

それほどの遅れはなかったのではないか

高校はそんなことはないかもしれないが

それでもほかの時期に比べれば

勉強面に関しては気の抜ける時期

今週発表された公立高校の試験のあとも

なんとなく気が抜けている新入生が多いのでは

今まで頑張ったのだから

しばらく休んでも

という思いからかもしれない

ほとんどの人は十分な休憩をしたわけで

四月からのスタートダッシュに用意は万端といったところか

まだ予断は許さないが

形だけでも通常が戻ってきたことを

素直に喜びたい

気温が緩むと

春眠暁を覚えず

などということもあるが

幸い今年は例年にない暖冬を過ごしたおかげで

それも緩むかもしれない

当塾としては

この年度末が終わりであり始まりであるからして

年末年始を休むことなく突っ走ってきたゆえに

ここが一つの節目となる

ただ在校生は大きな終わりでも始まりでもないわけで

淡々と継続されている

例年開講していた春期勉強会は

特別授業として少し変化させて行う予定

すでに予告通り

四月からの学年の準備は始まっている

新一年は正の数・負の数

新二年は文字と式

新三年は展開と因数分解

に突入した

高校は学年で区切るカリキュラムではないので

先進コースは一年間を待たずにⅠA・ⅡB・Ⅲの演習に入っている

実践演習のコースはいよいよ本格的に実践問題演習(もちろんⅠA・ⅡB・Ⅲ)

大まかではあるが予定通りに進んでいる

すべてはこれから先のため

未来に向けての準備

喜ばしいことに休んでいる暇はない

これから新年度を迎えるにあたって

あらためて

ご理解をしていただいているご家族・本人に

感謝をしたい

努力したものにはそれなりの結果がもたらされることを信じている

それが少しでもいい結果になることを考えて新年度も

まい進していこうと考えている

 

 

 

 

 

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です