数学が得意なら

中学生や小学生ならまだ判断がつきにくいかもしれません

テストで高得点を取り続けるのは

判断理由にはなりません

その強さを本物にしたかったら

当塾を考えてみてください

先はまだまだ遠くにあります

高校生になればその違いに気づくでしょう

中学まで数学に苦しんだことがなかったのに・・・・

テキストを解くのに苦しんだことなどなかったのに・・・・

宿題なんて瞬殺できたのに・・・・・・

それは中学までの数学の学習に原因があったことなのだと・・・

付け焼刃という表現が適切な学習を続けてきた場合は

多くがこの壁にぶつかります

あるいは高校生でも得意なはずなのに

実践問題になると・・・・・

そんな場合の人も少なくないようです

その場合の問題の一つは

基本問題の解法にあります

苦手だから学ぶという例もあるでしょう(そのような人向けのコースも準備しています)

学年が進んでからとお考えの方もいらっしゃるでしょう

ただ、多くの例として

結局一からやり直しということが少なくありません

数学が得意だと思うなら

そして先に不安を抱いているなら

ぜひご相談ください(そのようなコースを用意しています)

小中学生のころから考えるという学習をし

暗記科目とは一線を画す

なぜこの問題はこう考えるのか

なぜこの解法を選択するのか

もちろん結果としてという理由になることもありますが

多くの場合そこには必然があります

解法は一つではないことが多いんです

そこに気づいてほしいと指導しています

目指すなら

思い立つなら

ぜひご相談ください

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。