ゴールはたぶんない

永遠の過程

それをひたすら進む

走っても

歩いても

道は後ろへと流れていく

無理をして止めようとしても

こればっかりはどうにもならない

未来は過去へと通り過ぎていく

足跡を振り返るのは

おそらく今じゃない

子供たちの目線は前を向いている

それを自分の場所まで引き戻そうとするのは

やめておいた方がいい

次に落ちてくるブロックの形は誰もわからない

わからないのに

知ったようなアドバイスはできない

できるのは現実を少しだけ把握できるということを知識とすること

誰も知らないことは

何でもできるということ

だから

子供たちと接するのは楽しい

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です