当然のことなのだが

試験の点数は

50点よりも60点

60点よりも80点

80点よりも100点がいい

さあ、ここで考えてみてほしい

みなが100点を目指すのは当然のように考えるが

必要な点数はどれだけなのか

いやいや、試験というのは高得点を取るためにひたすら頑張るものだ

そういう考えもあるかもしれない

受験勉強が優先順位の下位にある場合は

しばし考えてみるのは必要かもしれない

優先順位の上位にある場合は

その高得点の意味合いを冷静に考えてみるのはどうだろうか

もう少し詳しく言えば

その高得点の到達度は果たして望むものを満たしているのか

もしもとても優先順位が高いのなら

そこはしっかりと考えるのが必要ではないかと考える

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です