できるなら

早いに越したことはないという意見もあるが

はたしてそうなのだろうかと疑問に思うことがある

行為としての早い準備に疑問はないが

結果としての時期には

いろいろとあるのでは

小学生からずっと調子よくでき続けるというのもある

おそらくこれが多くの方の理想

中学になってから突然開花するという例もある

そして高校になってからという意見も

義務教育というのがほぼ死語になっているので

高校まで入れる

あるいは大学在学中に何かを見つける子もいるだろうし

もっと年を経てからという場合だってあると思う

大局的にみれば

そうなるまで我慢できる体力があるかということではないかな

保護者も当人も

誰かがそれを見守り

誰かがそれを後押しする

本人は悩みつつも何かに向かう

そしてはっきりとしたゴールは永遠にない事が多い

永遠の過程

常に何かを求める

正当な論理だと思うのだが

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。