虚と真、そしてそのふり

一度うまくいく

その次はどうにかなるだろうと高を括る

痛い目に合う

もう一度頑張る

今度は次も頑張る

これがよくあるいいパターン

一度うまくいく

その次はどうにかなるだろうと高を括る

痛い目に合う

嫌になる

あとはなし崩しに下がっていく

同時にうまくいかない理由だけを探し求める

悪いパターン

自身ができることは自分でどうにかしなければならない

そのようなことを指図せずして突然梯子を外す

上手くいくわけがない

それではいつまでも後ろをついていくのか

それも問題

大人扱いするには

まだまだ幼稚な例は少なくない

けれど成長してもらうには

マニュアルもルールもない

それを求める人は多いけど

ただ本気で

ただ真剣に

真向かうこと

それが伝わることを信じるしかない

そして成長するのだと祈りにも似た感情を抱く

 

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です