事実ではない現実

言葉遊び

難しいようなことを言っているが

今目の前にあることが現実であることに間違いはなく

眼で見えていることが事実だ

モニターを通しての場合は別

それは全くの虚かもしれない

まだ見えぬものを求めて模索するのは

新たな現実を求めていることになるか

場所を変えたところで

何かが変わるわけではなく

かたくなに自分の信じたいものを信じようとするならば

それは目の前のことを見ようとしていないわけで

現実から目をそらしていることに他ならない

なんてことを感じたりする

ところで

日本語の勉強をした方がいいと思う

書けなくてもせめて話せるようになってほしい

いや、書けた方がいいか

でもその前に話せるようになってほしいと感じる例が

ここ数年耳につく

もちろんだが無口なのとは別次元の話であるからして

その方の誤解はしないでいただきたい

もちろんおとなしいというのとも違うことを付け加える

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。