一喜一憂する必要はない

テストが悪かった

テストがよかった

そりゃ、いい方がいいだろうけど

それで何も変わらないことに変わりはない

それよりもその前をどう過ごしたかということ

対策を怠って悪かった・・・・・当然

他にもいろいろ理由を考えるかもしれないが

端的に言えばこれがすべて

結果だけを考えても筋がずれる

次をどうするかを考えるのが当然

精神的理由があるかもしれない

(なかなか口を開くことは少ないがこのケースは非常に多い)

本番までにその対処をするのが得策

よかった場合は本人が一番その理由を知っている

そして悪かった場合も

周りがとやかく言うのもありだろうが

だったら励ましてあげるのがいいのではないか

全員でがみがみ言っても

おかしなしこりが残るだけ

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。